Design anywhere.

どこにいても「デザイン」はできる


育児や介護・家庭があるから
オフィスで働けない

東京にいないから
規模の小さい案件しかできない

クライアントに直接会えないから
上流からのUXデザインができない

ひとりでデザインしているから
「さびしい」


すべての「しかたがない」を跳び越えて
本当にやりたいデザインをしよう

あなたはデザイナーとして
自分の働き方を自分でデザインできる



Prove the power of Design.
デザインの力を証明するために。

What we do

Goodpatch Anywhereメンバーの勤務地は、Slackです。Goodpatchへのお問い合わせの中から、リモートワークに適性があるプロジェクトを選出し、フルリモートのデザインチームをつくります。

スタートアップから大企業、新規事業やリニューアル。アプリやウェブなどの多岐にわたるプロジェクトが集まっています。リモートワークを理由に単価を下げることはせず、通常プロジェクトと同水準の単価を提示します。

Play as a "Remote" team

私たちが目指すものは、フルリモートの「チーム」です。チームでデザインをすることは、1人では決して成し遂げられないデザインが実現できると信じています。これまで私たちは、職種や役割を超えて、本気でプロジェクトに向き合うことで成果を出してきました。同じことをリモートワークでも実現したいと考えています。

チームで働く価値は、お互いにアドバイスやフィードバックを行い、成長できることです。もちろん、Goodpatch TokyoやBerlinとも情報やノウハウを共有し、より強いデザイン組織を構築します。

Challenge

これまで私たちは対面でのコミュニケーションを重視してきました。そのため、プロジェクト開始時には、必ずキックオフワークショップを行い、チームビルディングから始めます。プロジェクトの初期に、コミュニケーションの量と質を高められなければ、成功率が低いということを痛い経験として知っているからです。

Goodpatchに寄せられる相談の多くは新規事業のプロジェクトです。そのプロジェクト初期には、ブレインストーミングやコンセプトワークなどのクライアントと長時間のワークを行うことも多くあります。このフェーズを、フルリモートデザインチームとして、どう乗り越えていくのか。これが特に大きな挑戦と言えます。

Key Qualifications

私たちはこんな方と一緒に働きたいと思っています。
質問や面談は全てオンラインで完結できますのでご安心ください。

マインド/能力
・リモートワークでデザイン業務ができる
・UIやUXデザインの実務経験がある
・チームでデザインすることに価値を感じる
・チームのパフォーマンスを最大化させたい

その他
・様々な事情で在宅や時短勤務をしている
・東京圏外/海外に在住している
・Goodpatchで働きたかったが地理的制約で諦めた
・オフィスよりもリモート環境の方がパフォーマンスを出せる

詳しい応募職種などはWantedlyを参照してください。

Adviser

Goodpatch Anywhereは、リモートワークのプロフェッショナルである、株式会社キャスター取締役COO・株式会社働き方ファーム代表取締役の石倉秀明氏をアドバイザーとして迎えました。

「リモートワークを当たり前にする」というミッションを最前線で推進してきた石倉氏の知見を元に、新たなデザイン組織の構築を目指します。

「全員リモートワーク」それって意識高い系?いや、フツウです―株式会社働き方ファームが「職場=チャット」にした理由
「週10時間勤務・完全リモートワーク」の私が新規事業担当に抜擢されたワケ〜これからの働き方の最前線
働き方の会社がbosyuを事業譲受した理由

Wanted

職種ごとの詳細な要件などはWantedlyに掲載しています。
まずはカジュアルなお話だけでも構いません!
みなさまのご応募をお待ちしています。

UIデザイナー

arrow_forward

UXデザイナー

arrow_forward

プロジェクトマネージャー

arrow_forward

エンジニア

arrow_forward

以下のボタンからはGoodpatch Anywhereの齋藤と直接チャットできます。
ぜひ気軽にご連絡ください!

© 2018 Goodpatch Inc.